語学学校NILS(ニルス)で留学すると、英語の他にも様々なことが楽しめる!

語学学校のNILSではアジア屈指のリゾート地で本場の英語を学習することができます。
セブ島のあるフィリピンは、イギリスやアメリカについで世界で3番目に英語が使われている地域なので英語の質はネイティブと変わりません。

同じく英語の本場であるイギリスやアメリカに留学するとその留学費用は莫大なものになってしまいますが、セブ島ですと日本から比較的近い上、留学期間も短期間から選ぶことができるので留学にかかる費用をかなり安く抑えることができます。

本場の英語を学ぶことができ、さらに留学費用を安く抑えることができるのでセブ島への留学は今かなり話題で人気となっています。

さらにセブ島は日本人観光客も訪れることが多いリゾート地ですので、英語の学習以外にも様々なアクティビティを楽しむことができます。

今回はセブ島で体験することができるアクティビティをいくつかご紹介します。

 

セブ島でやっておきたいアクティビティ


 

ジンベイザメと泳ぐ



セブ島といえば定番なのが、「ジンベイザメと一緒に泳ぐ」というアクティビティです。
これはセブ島のオスロブですることができ、地元の漁師の方々が安全を確保しながらジンベイザメと泳ぐことができるので檻や防護服を用意しなくても良く、体1つでジンベイザメと泳ぐことができます。

ジンベイザメはサメですが非常におとなしい性格で、さらに魚の中でも最大級の大きさなので迫力のある体験をすることができます!

 

スカイウォーク



クラウンリージェンシーホテルでは、ホテルの頂上部を周るエッジコースターがあります。これは35階の位置にあるのでかなりの高さがあり、スリル満点です。
セブの景色が一望できるので高いところが苦手で無ければかなり楽しめるアクティビティとなっています。

さらに床がガラス張りのパネルになっていてその上を歩くことができるスカイウォークもかなり人気なのでオススメです。

 

カワサンフォールで遊ぶ



セブ島の代表スポットでもあるカワサンフォール。独特な色合いをしていてかなりキレイな滝です。
滝を見ながら泳ぐことも可能なので、ゆったりとした雰囲気の中気持ちよく泳ぐのはかなりオススメです。

セブ島に訪れたのなら一度は見ておきたい場所です。
セブ市内からカワサンフォールまでは約4時間ほどかかるので少し遠い印象ですが、途中でモアルボアルという有名なビーチもあるので移動で退屈を感じることは無いでしょう。

 

ジップライニング



セブ島にはいくつかジップライニングができる場所があります。
ジップライニングとは着地点を目指してスライドしていくワイヤーを用いたアトラクション。

セブ島には全長800mものジップラインがあり、スリリングでエキサイティングな体験をすることができます。

 

ショッピング



セブ島に限らず、旅行に訪れたのならショッピングはかなり大事ですよね。
セブ島にはおしゃれなカフェ、レストラン、その他様々な買い物ができる大型のショッピングモールであるSMモールや、アラヤモールがあります。

大規模なショッピングモールなので買い物をしたいと思った時は立ち寄ってみるのもアリですね!

 

マッサージスパ



セブ島にはマッサージ・スパが色々なところにあります。
シャングリラ・マクタン・リゾートにある「CHIスパ」や、リーズナブルな「Tree Shade」「NUATTHAI Persimmon」などが人気があり、自身にあったマッサージ・スパを探して利用してみて下さい。

 

セブ島の囚人ダンス



セブ刑務所では囚人によるダンスを見られ、日本のバラエティなどでも紹介されています。
これは月に一度一般公開があり、その時だけ見ることができます。入場料は無料なので、タイミングがあった際は見てみることをオススメします。

 

ツマログ滝



ツマログ滝はオスロブにあります。
少し青みがかった滝つぼは神秘的で、パワースポットのような雰囲気が漂っています。現地では神秘の滝とも呼ばれているようです。
オスロブはジンベイザメと泳ぐことができるアクティビティもあるので、ジンベイザメと遊んでからこの滝を訪れる人も少なくありません。

 

サントニーニョ教会



セブ島観光の名所となっているサントニーニョ教会。
この近くにはマゼランクロス、サンペドロ要塞といった他の有名な観光名所もあるので、合わせて訪れることができます。

 

ウルトラシャープシューターズクラブ



セブ島で最初にできたインドアの射撃場が「ウルトラシャープシューターズクラブ」です。
特に外国人には人気のスポットで、実際の銃を射つことができます。
銃の種類もライフルやショットガン、リボルバーから選ぶことができるので、好きなタイプの銃を日頃のストレス発散に一度挑戦してみてはどうでしょう?

 

バンタヤン島



バンタヤンはセブ島北部沖にある島です。
セブ島からはボートで2時間、それからバスで4時間かかるのでセブ市内から考えると距離がありますが、セブ島とはまた違った雰囲気を味わうことができます。

 

カジノ



セブ島に数あるホテルの中でもかなり評判の高いホテルがウォーターフロントホテルです。ウォーターフロントホテルの中にはカジノがあり、連日大勢の人々が集まっています。
セブ市内のITパークの向かい側にあるので、NILSからすぐ行くことができます。

 

バティアン島のビーチ



セブ市内から車で3~4時間、そしてボートで5分の場所にあるバディアン島。
この島の砂浜は美しく、昼は南国の雰囲気が味わえ、夜は満点の星空が見られます。
カワサンフォールからも近いので、そこを訪れた後にこのビーチを訪れる人も多いようです。

 

ポートフィーノ・ビーチ



このポートフィーノ・ビーチは観光客ももちろんですが、セブ島の地元の人が好んで訪れる場所となっています。
セブシティから近く、入場料も格安なので行きやすいですね。
リゾートビーチではなくローカルビーチなので好みが分かれるかもしれませんが、時間がある方は行ってみても良いかもしれません。

しかし、観光というよりは地元の人の場所なのでトラブルに巻き込まれないように注意が必要です。

 

語学学校NILS(ニルス)で留学すると、英語の他にも様々なことが楽しめる! まとめ


NILSでの留学生活はセブ島という最高の環境の中で行うことができます。
セブ島留学の良いところは、英語やITスキルを勉強できるだけでなく様々なアクティビティを体験できるところにもあります。

勉強だけしていては正直煮詰まってしまうのも人間なので仕方がありません。

しかしセブ島であればそんな時でも最高の気分転換ができるので、また英語やITスキルを学ぶ気力を養うことができて効率が良くなります。

まさに英語やITスキルを学ぶのに最高な環境と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です